浜っこからいもっ子に。極寒の地から西へ東へ!3年ぶりに関東上陸!さて今日は何しよっか? from 横浜 東京 仙台 盛岡 神戸 川越


by nekomei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ブログについてお知らせ
モノ
おやつ
お出かけ
できごと
ウィンドサーフィン
メイたん
映画・演劇・音楽・アート
ごはん・お酒

科学
映画しょーもな話
旅行
たまごくらぶ
ひよこくらぶ
出産
未分類

検索

以前の記事

2014年 05月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
more...

リンク

フォロー中のブログ

今夜もeat it
うちの食卓 Non so...
そんなあなたにゴリムチュウ。
ヨコハマな日々
ゴマグリモナカ日記
母ちゃんちのご飯
ふたりでランチを。-Lu...
中村佑介の黄色い日記
赤飯番長のひとりごと

最新のトラックバック

倅曰く、
from そんなあなたにゴリムチュウ。
チェンマイの救世主、ニコ..
from Boochanの宝探し
軍師曰く-『レッドクリフ..
from そんなあなたにゴリムチュウ。
純粋な想いが技術を凌駕す..
from そんなあなたにゴリムチュウ。
沖縄ソバ ソーキソバ 
from 沖縄!シーサー陶芸体験工房

ライフログ









その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

思い出したついでに

せっかくなので記録しておこうかな。
長々となりますが、いろいろと思ったこともあるので暫くお付き合いください。


先程、テレビで放送されていた「余命一ヶ月の花嫁」という
乳がん患者さんのドキュメンタリーを見ていて
懐かしい病室と私が昨年12月まで勤めていた所(正確には研究所の方だけど)
だったのでじっと見てしまった。

今回、私が帰省したのは昨年7月に亡くなった私のいとこの一周忌があったから。
彼女は実家の傍に住んでいたこともあって本当の姉妹のように仲がよかった。
彼女は元エレベーターガールをしていたのでとっても美人。
やさしい旦那さんと高校生と中学生二人のお母さんでもあった。

3年前の8月、当時私は実家を出て友達と二人で暮らしていたのだけど
珍しく実家の母から電話がかかって来た。
「えっこちゃん足がむくんで病院に行ったんだけど、血栓が出来ていてむくんでいたみたいなのね。で、なんで血栓ができたのかを調べてたら子宮がんみたいなのよ。
しかもあんまりよくないみたい。」
ちょっと電話して聞いてみてくれない?というのでそのまま彼女に電話をした。

病院の先生はなんて言ってたの?
「まだ検査中なんだけど子宮がんでステージⅢ~Ⅳ、手術は出来ないかもしれない。って」

その事を聞いて涙が出てきた。

がんは拳大の大きさになっていた。当時の5年生存率が43%くらいだった。

何か兆候は無かったの?と聞くと
「今思えばあれがそうだったのかな?というのはある。出血があったけどもう随分前だし
 もしその頃からだったとしたら私相当悪い気がするな。」
元々彼女は大丈夫、大丈夫という典型的なO型人間だったので
めったなことでは病院には行かない。だからこそ発見が遅れた。

よそで手術が出来ないって言っても、うちはがんの専門病院だからね。
できるかもしれないよ。ちょっと聞いてみるねと言って電話を切った。
当時同じ職場に婦人科の先生がいたので翌朝早速尋ねてみると、早急に診察した方がいいと言って予約を取ってくれた。

診察の日、彼女の旦那さんと三人で先生から病状説明を聞いた。
手術できると思っていた。

でも先生の言葉は
手術はできません。世界的に決まっていることなのですがこの段階になると外科的手術  はしない方針になっています。」

他の検査結果待ちをしている間、もう夕方の5時を回っていて普段なら
人であふれている待合室にも私達の他には誰もいなかった。

看護婦さんがやってきて、彼女の隣に座った。
「私もね乳がんだったけど悪くてね、治療したのよ。」
その看護婦さんは肝っ玉母さんみたいな人でとても元気そうにみえた。
少し話しをして
「今はこんなに元気。お子さんいるんでしょ、あなたががんばらないとだめよ」
それを聞いて初めて彼女が涙を流した。私も泣いていた。
「なに、泣いてんの」と言ったら、彼女は笑って
「自分だって泣いてるじゃん!」
少し離れた所にいた彼女の旦那さんも黙って泣いていた。
でも旦那さんも私も彼女の前で泣いたのはそれが最後。
[PR]
by nekomei | 2007-07-18 23:10 | できごと