浜っこからいもっ子に。極寒の地から西へ東へ!3年ぶりに関東上陸!さて今日は何しよっか? from 横浜 東京 仙台 盛岡 神戸 川越


by nekomei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ブログについてお知らせ
モノ
おやつ
お出かけ
できごと
ウィンドサーフィン
メイたん
映画・演劇・音楽・アート
ごはん・お酒

科学
映画しょーもな話
旅行
たまごくらぶ
ひよこくらぶ
出産
未分類

検索

以前の記事

2014年 05月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
more...

リンク

フォロー中のブログ

今夜もeat it
うちの食卓 Non so...
そんなあなたにゴリムチュウ。
ヨコハマな日々
ゴマグリモナカ日記
母ちゃんちのご飯
ふたりでランチを。-Lu...
中村佑介の黄色い日記
赤飯番長のひとりごと

最新のトラックバック

倅曰く、
from そんなあなたにゴリムチュウ。
チェンマイの救世主、ニコ..
from Boochanの宝探し
軍師曰く-『レッドクリフ..
from そんなあなたにゴリムチュウ。
純粋な想いが技術を凌駕す..
from そんなあなたにゴリムチュウ。
沖縄ソバ ソーキソバ 
from 沖縄!シーサー陶芸体験工房

ライフログ









その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ベラスケス

静物画の秘密展行ってきました。

おばちゃんばっかで、しんどかったけど。

静物っていったら花とか植物、物のイメージだけど
意外にもジャンルは幅広いみたい。

一般的な静物画のほかに心惹かれたのが
『虚栄(ヴァニタス)』という主題。

虚栄を象徴するのもとして、空のグラス、骸骨、『はかなさ』を表す音楽(楽器や楽譜)
『過ぎ去る時間』を表す砂時計などか描かれている。
e0114823_12273796.jpg

いくつかの絵を見ていて、『胡桃』が描かれているのが気になって家で調べてみた。
この絵も右下の懐中時計の横に胡桃が置かれてる。

キリストの十字架が胡桃の木で作られていたらしく、その永遠の命を約束するキリストの受難と
現世の儚さを対比で表現してるみたいです。
へ~。


れから面白かったのが、狩猟画というのか捕った獲物を絵にするの。
小さな鳥類以外は、一般市民は捕ることを許されず、狩猟は貴族のものだったらしい。
で、その獲物が大きく数が多ければそれだけ豊かであるという象徴だったみたい。
そんな訳で、みてたら、これって魚拓的な物でしょうか。

でも、すごいキレイに描かれてて鳥の羽や兎のお腹の毛なんて
フワッフワ!すごいリアルに描かれてて面白かったです。



今回はベラスケスの『薔薇色の衣装のマルガリータ王女』が目玉。
e0114823_12493599.jpg

3歳にして、王位継承者。
これはお見合い用の絵と言われてます。
タッチが強烈に力強いけど、表情はわりとふんわりしてて
ガラスの花瓶が異常に正確に描かれていて目をひく。


ベラスケスといえば、『ラスメニナス』でしょ。ラス・メニーナスが正しいのか?
でも私の記憶ではラスメニナスで覚えてるのでま、いっか。
ってなんで覚えてるのかなぁ・・・。どこで習ったんだったか?
大学か? 高校??かなぁ。
全く覚えてないですけど。

e0114823_12594899.jpg


絵を描いてるのがベラスケス自身。白いドレスの女の子がマルガリータ王女、
ベラスケスが描いている人物は鏡の中に映っている、スペイン国王夫妻。
くらいまでは覚えてますが・・・

以下引用-----

国王夫妻を描いている画家の仕事ぶりを参観にきた王女たちを、
国王夫妻たちが眺め返しているその眺望を、画家自身が描いた絵を、
今われわれが眺めている―という何重もの表象の入れ子構造になっているのである。

けれども言うまでもなく、今この絵を眺めているあなたは、国王、もしくは王妃ではない。

言い換えれば、実際この絵を眺めている者は、画面のうちにおいて不在であり、そしてまた、
この絵がそのために描かれている王は世界の側において不在である。

この二重の不在がこの絵の謎であり、あえて言えば主題である。
--------

です。
おもしろいよね~。奥が深い。
謎やベラスケスの意図がたくさん隠されている。


鏡じゃないって説もあるしね。

本当は、
ベラスケスの巨大なキャンバスには何が描かれているんでしょうかね。


やっぱ『ラスメニナス』
[PR]
by nekomei | 2009-03-26 13:22 | 映画・演劇・音楽・アート