浜っこからいもっ子に。極寒の地から西へ東へ!3年ぶりに関東上陸!さて今日は何しよっか? from 横浜 東京 仙台 盛岡 神戸 川越


by nekomei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ブログについてお知らせ
モノ
おやつ
お出かけ
できごと
ウィンドサーフィン
メイたん
映画・演劇・音楽・アート
ごはん・お酒

科学
映画しょーもな話
旅行
たまごくらぶ
ひよこくらぶ
出産
未分類

検索

以前の記事

2014年 05月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
more...

リンク

フォロー中のブログ

今夜もeat it
うちの食卓 Non so...
そんなあなたにゴリムチュウ。
ヨコハマな日々
ゴマグリモナカ日記
母ちゃんちのご飯
ふたりでランチを。-Lu...
中村佑介の黄色い日記
赤飯番長のひとりごと

最新のトラックバック

倅曰く、
from そんなあなたにゴリムチュウ。
チェンマイの救世主、ニコ..
from Boochanの宝探し
軍師曰く-『レッドクリフ..
from そんなあなたにゴリムチュウ。
純粋な想いが技術を凌駕す..
from そんなあなたにゴリムチュウ。
沖縄ソバ ソーキソバ 
from 沖縄!シーサー陶芸体験工房

ライフログ









その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

実験じゃないよ。

このところ忙しかったので、またその辺はおいおい。


今朝、お向かいのお友達に大量のイカをもらったので
バイクいじりしてるご主人にお礼を言いに行ったら
奥さんがひょこっと顔を出して

「あの~卵ある?」っていうので
てっきり、卵切らしちゃったのかなと思って
「あるよ~いくつ?」と尋ねると

「ううん。卵もあるの。貰っていかない?」というので
「え~いいの!いただく~」と言ったら

ど~ん。

e0114823_19201335.jpg


といきなり、大量の卵登場。
当然、ここから貰っていくものと思って
「え。いくつ貰っていいの?」と聞くと

「うん。全部。これごと。はい。ここもって。」

とこれ全部。45個。どひゃー。。
「えッ!!これ全部いいの!!えッ。」

聞けば、旦那さんのご実家がお寿司屋さんなんだそうで
大量に仕入れたのを貰ってきたらしい。
どうぞ、どうぞって結局全部頂いちゃいました。
すげーぜ、盛岡。。

でも数件にこの一段ずつ配っているって言ってたから、いったい何個??

それから、ちびっ子にカブトムシとクワガタを見せてもらった。
同じ虫かごに入っているのだけど・・・いいのか?
けんかしないの?と聞くと。
「うん。するね。」って幼稚園なのに大人みたいでかわいい。

しかも網戸越しにやってきたメイとも仲良しで、メイもにゃーにゃーフーッを繰り返してる。
「メイ!」と私が呼んだら

「こいつも、メイっていうんだよ!」って雌のカブトムシ。ほれって見せてくれた。
カブトムシに名前付けてるんだ!!笑。

かわいーおかしすぎ。。ぎゃはは。
私としたことが、他のコの名前聞くの忘れた~。
明日、聞いてみよう。
あぁ、いいわ。盛岡。


すごーい。
今、我が家には50個以上の卵があるよ~。わはは。
ちょっとコレステロールが気になるけど・・・まぁいいか。
さてさて、何を作ろうかな。
[PR]
by nekomei | 2007-07-30 19:46 | モノ

お友達

実は飼い猫と言うことが判明したお友達。
たまに、ピンクの首輪してきます。
斜め向かいの棟がおうち。

でかい、8キロくらいありそう・・・ガッチリ系。

e0114823_12323910.jpg

[PR]
by nekomei | 2007-07-24 12:33 | メイたん

ぐうぐう

朝、私が布団から抜け出してもこんな風に気持良さそうに寝ているときがあります。
e0114823_22565567.jpg

ぐうぐう。
人の腕を枕にしていつも彼と私の間に丸くなって寝ます。
e0114823_22572041.jpg

が、夜中に起こされることしばしば。
私はぐっすりなのであまり気づきませんが
たまに彼の寝返りで潰されそうになって、焦っている時があります。

すぴー。すぴぴ。
e0114823_22574392.jpg

[PR]
by nekomei | 2007-07-23 23:01 | メイたん

無題

「お母さん死んじゃうんだからね!」
と子供たちに何度言いそうになったか。
中学校、高校って言ったらそりゃ楽しい時かもしれないけど
親子ってこんなものなのっていうくらい自分たちの事ばかり
うちの母との方が本当の親子みたいだった。
どう接していいかわからないところもあったのかもしれないけど
もっとうまく現状を説明できていたら変わっていたのかな。
でも、どうしても治らないとか生きられないとかいう言葉が出てこなかった。

沖縄から帰ってきた空港で、父からのメールで彼女が危篤だと知って
そのまま病院へ直行した。
会いに行った翌日、自宅で出血して病院へ運ばれた。

病院へ着いた時に、もうだめかもしれないと言われていたのに
がんばって、私が戻って来るまで待ってくれていたらしい。
うっすらと開けた目に映るものは無く、その数時間後に彼女は亡くなった。

翌日、自宅へ会いに行くと彼女の娘がお化粧してあげていた。
元々きれいな人だったけど、チークもマスカラもグロスもきれいに施され
うっすら微笑んでいるように見えた。

「へ~いいじゃん!かわいいね~。」というと
彼女はえへへ。と笑ってVサイン。
本当にこんな事ってあるんだね。正直、驚きだった。
最後まで、お人形さんの様にきれいだった。


なにかできたのかな?



いつも思っていることだけど、いつ死んでもいいように
伝えておかないといけないことはできるだけ言うようにしてる。
ちょっと変かもしれないけど
「ありがとう」とか「あいしてるよ」とかちゃんといっておかないと。
それと毎日楽しく過ごす。悔いが無いように生きること。

ねー。なのに近頃ダラダラしてます。笑。
全然ちがうじゃんね。それが自分らしくなくてストレスなんだけど。
夏休みだよ~。もうこの一年ハード過ぎたかも。

のどかなもんで、ぼーっとしちゃうな。いかんいかん。
毎日大事に生きましょうね。
[PR]
by nekomei | 2007-07-23 22:27 | できごと

ついでに

旧ブログを見てみると、この時期のあたりやや間があっていとこが入院した!と書いてある。
この時期は私の中では大きな決断をしてある意味転機だったんだと思う。
もう、時効だからいいよね。
この年はろくに睡眠もとらず、酒飲みまくってたな。
いとこの件がわかるちょっと前に、ずっと付き合っていた人に別れを告げた。
でもそれは私にとっては結構大きな決断だったわけで
頭が禿げそうなくらいには悩んだ。疲れて果ててたね。
ハゲてないよ。
いろいろあって、疲れてこの頃の自分が一番嫌いかもしれない。
一番自由に過ごして、一番悩んでた時期だった。
いとこの件があってそんな事はふっとんでしまったけど。

それから、その後旦那になる人ともちゃんと向き合えたしね。
悪いことばかりじゃなかったか。


手術ができないって事は完全にがんを取り除くことができない。
恐らく根治はできない。といった状態だった。
だけど本人はもちろん治す気でいるし、誰もがそう望んでた。
放射線治療が効いてこぶし大のがんが3cmまで小さくなって彼女は退院した。
1年間の間にゆっくりと快復して仕事も再開しようかとするくらい元気になった。

彼女には根治が難しいと言うことは伝えなかった。
今になって思うけど、もし伝えていたらもっとやりたかった事や
もっと別の家族との過ごし方があったのかなと考える時もある。
何度も。

退院して1年後、放射線治療はもうできないので
抗がん剤を使った治療に移る前に、他の臓器が少しずつ弱って
次第に食べられなくなった。抗がん剤の治療も出来なくなった。
自宅で、点滴をしながらほとんど寝て過ごす様になった。

私の結婚パーティーの翌日、彼女の自宅でお見舞いがてらやってきた
親族と宴会をした。
いつになく賑やかで、楽しい宴会。
「彼女が写真見せてよ。」と言ったけど
「まだ現像してないから、今度持って来るね」と言って別れた。
翌日から彼と沖縄へ出発した。
[PR]
by nekomei | 2007-07-19 20:41 | できごと

思い出したついでに

せっかくなので記録しておこうかな。
長々となりますが、いろいろと思ったこともあるので暫くお付き合いください。


先程、テレビで放送されていた「余命一ヶ月の花嫁」という
乳がん患者さんのドキュメンタリーを見ていて
懐かしい病室と私が昨年12月まで勤めていた所(正確には研究所の方だけど)
だったのでじっと見てしまった。

今回、私が帰省したのは昨年7月に亡くなった私のいとこの一周忌があったから。
彼女は実家の傍に住んでいたこともあって本当の姉妹のように仲がよかった。
彼女は元エレベーターガールをしていたのでとっても美人。
やさしい旦那さんと高校生と中学生二人のお母さんでもあった。

3年前の8月、当時私は実家を出て友達と二人で暮らしていたのだけど
珍しく実家の母から電話がかかって来た。
「えっこちゃん足がむくんで病院に行ったんだけど、血栓が出来ていてむくんでいたみたいなのね。で、なんで血栓ができたのかを調べてたら子宮がんみたいなのよ。
しかもあんまりよくないみたい。」
ちょっと電話して聞いてみてくれない?というのでそのまま彼女に電話をした。

病院の先生はなんて言ってたの?
「まだ検査中なんだけど子宮がんでステージⅢ~Ⅳ、手術は出来ないかもしれない。って」

その事を聞いて涙が出てきた。

がんは拳大の大きさになっていた。当時の5年生存率が43%くらいだった。

何か兆候は無かったの?と聞くと
「今思えばあれがそうだったのかな?というのはある。出血があったけどもう随分前だし
 もしその頃からだったとしたら私相当悪い気がするな。」
元々彼女は大丈夫、大丈夫という典型的なO型人間だったので
めったなことでは病院には行かない。だからこそ発見が遅れた。

よそで手術が出来ないって言っても、うちはがんの専門病院だからね。
できるかもしれないよ。ちょっと聞いてみるねと言って電話を切った。
当時同じ職場に婦人科の先生がいたので翌朝早速尋ねてみると、早急に診察した方がいいと言って予約を取ってくれた。

診察の日、彼女の旦那さんと三人で先生から病状説明を聞いた。
手術できると思っていた。

でも先生の言葉は
手術はできません。世界的に決まっていることなのですがこの段階になると外科的手術  はしない方針になっています。」

他の検査結果待ちをしている間、もう夕方の5時を回っていて普段なら
人であふれている待合室にも私達の他には誰もいなかった。

看護婦さんがやってきて、彼女の隣に座った。
「私もね乳がんだったけど悪くてね、治療したのよ。」
その看護婦さんは肝っ玉母さんみたいな人でとても元気そうにみえた。
少し話しをして
「今はこんなに元気。お子さんいるんでしょ、あなたががんばらないとだめよ」
それを聞いて初めて彼女が涙を流した。私も泣いていた。
「なに、泣いてんの」と言ったら、彼女は笑って
「自分だって泣いてるじゃん!」
少し離れた所にいた彼女の旦那さんも黙って泣いていた。
でも旦那さんも私も彼女の前で泣いたのはそれが最後。
[PR]
by nekomei | 2007-07-18 23:10 | できごと

横浜の花火

今年、はじめて横浜の花火大会中止だってね。

横浜は毎年海の日近辺と8月1日に花火大会があって
ある意味、地元っこではイベントなわけですよ。
人が集まって、稼ぎ時なのにさー。
それが一回しかないなんて~。
不景気だ!!

やっぱり、強力な晴れ女である私がいないからじゃないの??

もったいない。
打ち上げられなかった花火は一体どうなるの?

こうなったら8月1日に両方あげちゃえばいいのにね。
[PR]
by nekomei | 2007-07-17 18:04 | できごと

さんさ踊り

8月1日から4日まで「盛岡さんさ踊り」というお祭りがあるみたいです。
すぐ裏の、公民館からも太鼓の練習をしている音が聞こえてきます。
結構、激しそうな感じ。
盛岡は街に川が流れていて、今日はガクアジサイがきれいに咲いてました。
まだアジサイ。
今日は寒くて長袖の上着を着てました。

4日は晴れるといいな。
[PR]
by nekomei | 2007-07-17 17:53 | できごと

お風呂

今日は台風一過で天気よし!
メイ、風呂日和だよ。

メイは大人しいので一人でも入れられるけど、乾かすのが・・・
ドライヤー嫌いで嫌いで。鳴き叫ぶし。

e0114823_2234551.jpg

お気に入りの箱に入れて、日の当たる和室に。
これでも結構がんばって乾かした。

で、ワイルド系。(動くからちゃんと撮れない。。)
e0114823_2236074.jpg

なんか、首輪無いと野生ぽくてこれもいい。
でもどこにいるかわからないので困る。

先日、ついに脱走してしまいすぐに捕まったので(とろいのか?)よかったのだけど
どうも外に出たがって仕方が無い。

そこで今日は新しいおもちゃを導入しました。
ものすごい、食いつき方で面白いです。もうぐったり。
最近、カメラを向けると、え~って明らかに不機嫌顔になってしまうので
かわいいのが撮れない。
[PR]
by nekomei | 2007-07-16 22:40 | メイたん

遭遇

今日はいい天気だったけど、夜は半袖がちょっとつらい盛岡です。

--------
彼のお母さんと別れてから、まだ早いなと思って久しぶりに横浜の町をぶらぶら
そしたら、もう飲んでると言うので慌ててお店に急ぐ。
いつもオープンの時間を忘れる私。すいません。。

今回はgyaくんと前から話を聞いていた彼の友人のつなきつ。さんと初会合。
本当はウチのがいたらもっと盛り上がったにちがいないが。

つなきつ。さんもgyaくんから話を聞いていたのでどんな人が来るか想像していたそう。
さすがクリエイティブ!いいね。そういうの。

「なんか意外かも。」と言われたので
「意外と真面目そうだったでしょ?」
彼の話を聞いているので、その嫁なんて結構ぶっ飛んでそうだもんな。

そうなのよね~見た目は結構大人しそうに見えるんだけどさ
黙ってると!
実はがぶ飲み系なんですよね。笑。

つなきつ。さんはすごいパワーのある人で、話していて気持がいい。
からっとしてて盛岡の気候みたいだ。
相当、悩んだりすることもあると思うけどそういうマイナスな所が感じられない。
きっと一緒にいたら楽しい人生が送れるに違いない!カピ子かわいいぜ!

gyaくんの一大イベントでまた再会したいものです。

その後も、昔の思い出話をしてそういやここでウチの彼とピュア男がげんこつで
殴り合ってたこと、いやーあの日は相当ベロベロだったなー・・・
純粋な彼にも幸せが訪れますように・・・なーむ。

その後gyaくんと共通の友人でもある麻酔医がやって来て
というか呼びつけたんだけど。翌日、群馬でバイトなのに来てくれる所が
やさしさなんですよ。
さらに彼に会わせたいコがいたので合流。
彼女は私の結婚パーティーでブーケとテーブルのお花を作ってくれた
これまたやさしい女の子。

そんな訳で相当めまぐるしい夜になった。当然、飲みすぎだ。笑。
[PR]
by nekomei | 2007-07-16 22:21 | できごと